キャストの燃費は、財布にも環境にも優しいエコ設計

キャストの燃費について言えば、さすがダイハツと言える非常にバランスよいセッティングになっているのではないかと思います。

というのは燃費というのは、もちろん良いに越したことはないのですが、燃費ばかりに気を取られ過ぎて走りが損なわれるような事があったら、それは乗る側としては不満足な結果となってしまいます。

もちろんスポーツカーみたいにガンガン走る必要はありませんが、素直に加速してくれたり、高速道路でスムーズに合流できるといった基本的な「走り」というのは必要です。そういった走りと燃費のバランスというのはとても重要なポイントですよね。

さらに言うなら、そのクルマをどんな人がどんな目的で使うのかという部分にもフォーカスする必要があります。キャストは軽トールワゴンと呼ばれるジャンルの車ではありますが、タントやスペーシアといった子どもが生まれた家族のための軽トールワゴンとは少しコンセプトが違います。

子どもが生まれた家庭の車というのは非常に厳しく燃費がチェックされる傾向があるのです。やはり子どもが生まれて出費が増えるといった家計の問題が関わってきますので、当然のことながら燃費も「厳しい主婦の目線」にてジャッジをされるのです。そのため同じ軽トールワゴンでもタントやn-boxというのは走りよりも燃費に重点が置かれる傾向にあります。

それに対してキャストというのは、結婚していない方が使うケースも多く、特に通勤での使用といった使い方の場合は、そもそもガソリン代に対して「会社が交通費として出してくれる」といったケースだってあり得ます。

つまり、燃費にはもちろん注目をするけれども、主婦の厳しい目線と比べるとややゆるやかになるということです。そうなると、燃費よりも走りに重点が置かれる傾向が強くなります。そしてキャストというのはこの「燃費も良いけれど、どちらかというと走りやすさ」に重点が置かれているんですね。そんなキャストの燃費、まずはカタログ表記からチェックしてみましょう。

キャストの燃費、カタログ表記を確認しよう

キャストの燃費、カタログ表記では30.0km/Lと、ジャスト30kmとなっています。ただ、競合となるライバル車は30kmを超えている車種もありますので、ダントツという訳ではありませんが、それでもリッター30kmというのは良い数字ですよね。

それこそ一昔前なら、バイクの燃費でしか見れないような数字だったのではないかと思います。

ただやはり軽自動車というのは法律によって規格に制限が設けられています。有名なのは排気量ですね。660cc以下となっていますし、そのほかサイズについても規制があります。そういった規制の影響で、軽自動車というのは「あまり大きな差を付けるのが難しい」とも言われています。

燃費についても同じで、「最新モデルの軽自動車の燃費については、あまり大きな差を感じない」というオーナーさんも少なくありません。ですので、こういった燃費のカタログ表記というのも大事ですが、走りとのバランスや、室内空間、エクステリアといったほかの要素とのバランスや、兼ね合いという部分の方が重要ではないかなと思います。

軽自動車の燃費には、特別感がある?

そもそも軽自動車を選択しようと考える人の頭の中には最初から「軽自動車なんだから燃費は良いだろう」というイメージがあるのではないかと思います。

つまり、軽自動車というカテゴリーで法律としては排気量660cc以下であることが定められていますので、普通車と比べると劣る部分もあるかもしれない…けど「燃費はいいだろな」というイメージが強いという事です。

つまり、カタログ表記では各社の軽自動車がそれぞれいろいろな数字を出してはいますが「軽自動車なんだから良いだろうな」という予想の元で数字を見ているわけですね。

ですのでよほどの数字を叩きださない限りは「すごいな!」という驚きにはなりにくいという傾向も見受けられます。そんな中でキャストの燃費が30km/Lであるというのは、過去の自動車に比べれば圧倒的に優れた燃費ではありますが、「普通くらいかな」という印象を受けてしまう方もおられるのではないかなと思います。

キャストの燃費、オーナーさんの実燃費をチェック

さてキャストの燃費、実際にオーナーさんからはどんな声が上がっているのかをチェックしてみましょう。まずは高速での走行が多いオーナーさんですが、こちらは人によってはリッター20kmが出るというケースもあるみたいですね。

高速道路は良い燃費が出る傾向がありますので、リッター20km以上が出る軽自動車というのは他にもありますが、カタログ表記がリッター30kmとなっていますので、20km/Lというのはカタログ表記の7割前後ということになります。

続いて郊外での走行ですが、こちらも約20km/L前後のオーナーさんが多いようです。ただ中には18km/Lなどなどリッター20kmを切る方もおられますね。

注目なのは街中での走行です。こちらはいくつかのサイトを調べてみると分かりますが非常にバラつきがあります。かなり悪い数字では、リッター13km前後というケースも報告されていましたし、別のオーナーさんではリッター20kmという数字を出したケースもあるみたいです。

これらを総合してみてみると、カタログ表記の50%ほどは出るだろうという事で、問題はないのかなと思いますね。

キャストの燃費は、自由な街乗りがテーマ?

キャストの燃費は、軽トールワゴンの中では「標準型」と言えるのではないかと思います。これはきっと、キャストという車のコンセプトが「街でお洒落に乗りこなせるクルマ」という事だからではないかなと思います。

もしこれが「家計応援」という事であれば、もっと良い燃費が出るようにセッティングするはずですし、「走りを楽しむ」という事であれば燃費はもう少し悪くなるはずです。

つまりキャストの燃費というのは、街をオシャレに走るというコンセプトで、標準的なバランスが取られていると言えるのではないかと思います。

まとめ

キャストの燃費について見てきましたが、いかがでしたでしょうか?基本的には「標準型」と言って良いのではないかと思いますが、やはり燃費は走りといった他の要素との組み合わせ、兼ね合いによって大きく印象が変わります。

キャストの燃費が気になる方は、ぜひ実際にお店に足を運び、試乗もしてみながらチェックしていただければと思います。まじで購入を検討している方は下記サイトが参考になります。一度目を通しておいた方が良いでしょう。
【見積書公開】キャストの値引き交渉をしてみました!

キャストの中古、価格の相場や狙いをチェック

2015年の9月にデビューして、まだ歴史が始まったばかりのダイハツ軽トールワゴンのキャスト。2016年11月現在でなんと約2,700台もの中古が市場に出てきています。

「デビューして1年とちょっとの軽自動車なんて中古があるの?」と疑問に思ってしまいますが、意外に球数が多くなっていますね。こういった現状を見ると人によっては「それってダメな車だから、みんな買ってすぐ売って多くなっているんじゃないですか?」と感じてしまうかもしれませんが、実はちょっと違った事情があります。

これは人気が出た車種によくある話だと言われていますが、デビューしてしばらくの間は、新古車や未使用者というのが多く中古の市場に出てくるのです。そのため球数が増えているような印象を受ける、という事ですね。

実際に大手中古車サイトで「未使用」というキーワードを使って検索をしてみると、約2,700台ほどあるキャストの中古の内、約500台近くの車がヒットします。

つまり未使車が500台近くも存在しているという事になる訳ですね。さらに走行距離について「1000km未満」と検索すると、約1,100台もの中古がヒットするのです。1,000kmと言えばまだ慣らし運転も終わっていない状態ですよね。

つまりキャストの中古の市場というのは、全体の2割ほどが未使用車であり、全体の4割ほどが「慣らし運転が終わっていない走行距離1,000km未満の車」という事になりますので、決して車の完成度が低いわけでも、人気がない訳でも無いのです。

むしろ約500台もの未使用車が存在しているという事は、それだけたくさんの場所で展示されてきたという事も意味します。つまり「人気があって良いクルマである」という事になりますよね。

キャストの中古は、未使用車や新古車がねらい目?

さてキャストの中古、上記にてご説明をさせていただきましたがねらい目はズバリ「未使用車」と「新古車」です。

約2,700台ほどある中古の中で未使用車が約500台もあって、しかも走行距離が1,000km未満の中古が約1,000台ほどあるという状態ですので、ぜひ「新車でキャストを購入しようかな」とお考えの方も、中古を検討されると良いのかなと思います。

これは新しいモデルの車が発表されてから1年や2年といった駆け出しの時期だけという場合が多いですので、ぜひ新車の購入をお考えの方にも、チェックをしておいていただきたいなと思います。

競合との違いを、しっかりとセッティングしておこう

キャストの中古を選ぶ上で大事なのは、競合との違いです。何度もご紹介を繰り返しています通り、キャストの中古は未使用車や使用歴が浅い車が多くなっていますので、感覚としては新車選びにも違い部分があります。

もっと歴史が長くて球数も圧倒的に多いムーブやタントの場合は、その同じ車種の中古同士で、比較検討という部分が多くなってくると思いますが、キャストのような新古車も多い車種では、まさに新車選びと同じようにキャストの新車、キャストの中古、そして競合他車といった検討の仕方も必要になってきます。

その時、一体自分が何を基準に選ぶのかというセッティングもしておくとベターですね。

最初から「キャスト一本狙い」という場合は良いのですが、キャストの新車と中古、競合他車といくつかを比較する場合は、自分が「走り」を求めるのか、それとも「燃費」か「空間の広さ」かといった部分を自分の中でセッティングをしておかないと、迷走して疲れてしまう事もあるかと思いますので、ちょっと気を付けて意識しておきたいところですね。

キャストの中古、価格の分布や相場も確認

キャストの中古について、平均の価格といった相場や分布状況をチェックしてみましょう。まずは中古の平均価格ですが、約130万円前後となっています。

これはもう新車を買う感覚と変わらない価格帯と言っても良いですね。というのは最も安くて約89万円となっているのです。軽自動車でキャストのようなコンパクトタイプは、車種によって10万円を切るような車もあったりするのですが、2015年9月にデビューした新しいクルマですので、さすがにそういった物件はまだない状況です。

逆に高過ぎる中古も存在していません。最も高いラインで170万円台です。こういった部分からも、新古車や使用歴の浅いクルマが多いことがうかがえますね。

キャストの中古は、意外に球数が多くて楽しい?

キャストの中古に関して、価格の平均や分布などについて見てきました。その結果としては未使用車が多く、いわゆる新古車や使用歴の浅いクルマが多くて「新車を選ぶ感覚とあまり変わらない」というキャストの中古の現状が浮かび上がってきましたね。

その理由はやはり、デビューしてからあまだあまり時間が経っていないという事があげられます。しかしここで面白いのは、普通はそういった車は球数が少なくなるのです。中古として出ているのが1,000台に満たないというケースもあり得ます。

 

そんな中でキャストの中古というのは、約2,700台もの中古があって、未使用車が約500台、使用歴の浅いクルマが約1,000台ほどもあるというのですから、とても球数が多くて選ぶのが楽しいという面もあります。これはやはり人気のクルマである証拠ですね。
@まとめ

キャストの中古をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?中古というのは、デビューしてすぐにたくさんの中古が市場に出てきているのを見ると、「人気が無いのかな?みんな、すぐ売っちゃうのかな?」といった不安も出てきたりしますが、よくよく調べてみるとそのほとんどが未使用車や、展示などの使用のみで使用歴が浅いクルマが多いことがうかがえます。実際は人気があるということですよね。キャストの中古は、新車の購入を検討されている方にも是非チェックしてみていただければと思います。

 

キャストの走行性能、街を細かく走り回れる仕上がりに

キャストの走行性能だけに言えることではなく、どんな車にも「どこをどう走るか?」という事を考えた時、必ずバランスを取る必要が出てきます。

分かりやすい例の一つは燃費と走りですね。走りを重視すれば燃費が損なわれ、燃費を重視すると走りが損なわれるというガソリン車の特性というのがあります。それをいかにバランスを取るか?あるいは新技術によっていかに両立するかというのは、とても重要なポイントでもあります。

現在の技術では、そんな走行性能と燃費のバランスのとり方は、技術的に不可能な部分というのは少なくなっているとも言えます。

ストレスのない走行性能を持たせる代わりに、少し燃費パフォーマンスが下がるといったセッティングも、その逆のセッティングも技術的には可能という事ですね。つまりそれはどういう事なのかというと、走行性能にはそのクルマに込められたコンセプトというのが大きく関係してくる、という事のなのです。

たとえば走行性能を求める軽クーペタイプの車のセッティングが「燃費重視」だとチグハグになりますよね。逆に家計への負担を軽くすることを求められる軽トールワゴンが「走行性能重視」に偏りすぎると、それはそれでどうなのか?

という難しい部分も出てきます。走行性能はそういった「クルマのコンセプトとの一致」というのが大切だったりするのですね。

そんな走行性能、キャストの場合はどんなバランスが取られているのかをチェックしてみましょう。

キャストの走行性能は、機動性を重視

キャストの走行性能はずばり機動性が重視です。エンジン性能をチェックすればわかりやすいのですが、「走り」という部分では競合車種であるHONDAのn-oneに軍配が上がるのではないかと思います。

というのはn-oneは高トルク設定ですので走り始めがスムーズだったりと、加速性能に優れています。しかしその分、燃費は損なわれるわけですね。それに対してキャストはどうなっているのかというと、走行性能という考え方について、「加速」ではなく「機動性」に軸足を置いています。

加速は決して悪いわけではなく、むしろ従来の軽自動車に比べれば良い方ですが、しっかりと燃費性能の方にバランスを取りつつ、機動性の高さを実現している訳です。これは「大きいクルマが苦手」という女性にはとても嬉しいですよね。

クルマというのは誰がどう乗るのかがとても重要な要素の一つですが、キャストの場合は「街でお洒落に乗りたい」という女性を中心とした方に向けてメッセージを発信しています。その裏には実は「大きいクルマは乗りにくい」という心理が隠れていたりもするのです。

日本は細かい道が多いとも言われます。そんな中で機動性…つまり細かい道を走りやすかったり、狭いエリアでも切り返しができたりといった「小回りの良さ」といった機動性重視というのは、支持されるポイントの一つとなっています。

実際のデータとしては、最小半径が5mを切っていて4.7mとなっています。これは普通の車だと「ちょっとここで切り返すのはムリかなぁ」という場面でも、ラクラク切り返せる数字です。

キャストのトルクは、燃費重視?

キャストの走行性能について具体的なエンジンのデータについても記載をしておきたいと思います。キャストのエンジン性のは、最高出力が「52ps(38kW 51hp)/6800rpm」となっていて、最大トルクが「6.1kgm(60Nm)/5200rpm」となっています。

こういった数字があまり得意ではないという方もおられるかもしれませんが、これは基本的に「最大トルク」に注目していただければ、ある程度はイメージをつかんでいただけるのかなと思います。

トルクのデータの右側に5200rpmとありますが、これは大雑把に言えば「エンジンを5,200回転させたときに、最も大きなパワーを生みますよ」といったイメージになります。少ない回転数で大きなパワーを生み出せると、基本的に「走り」に関する走行性能が高いという事になります。

先ほども書きましたが、キャストの場合は上記の通り5200回転ですが、n-oneなどは2600だったりもするのです。つまりo-oneはキャストの半分の回転数で最大のパワーが得られる設計だという事になりますので、o-oneの方がスムーズな加速ができそうだとイメージできます。

しかし燃費は悪くなってしまいます。これらの部分についてはデータを見ながら、実際に試乗をすることでより体感とともに感覚をつかめるようになってくるかもしれません。

キャストの走行性能、先端技術がふんだんに盛り込まれている

キャストの走行性能には先端の技術もたくさん使われています。走行性能というのは基本的に、加速、停止、曲がる、といった3要素が注目されますが、振動や騒音の大きさというのも走行性能の一つと言えますよね。

あまり上下や前後に揺れたり、左右に揺らされるクルマは快適とは言えません。キャストについてはそういった振動を防止して快適に乗れるための先端技術がしっかりと盛り込まれていて、快適な走行を楽しめるようなセッティングとなっています。

キャストの走行性能、安全に関するアシスト機能も充実

走行性能と一緒にチェックしたいのが安全性能ですね。キャストについて言えばさすがに2015年デビューしただけあって多くの安全アシスト機能が盛り込まれています。

公式サイトでも確認できますが、こういった基本的な部分はさすがにしっかりと押さえていますね。

まとめ

キャストの走行性能についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?走行性能という言葉を聞くと、どうしても「どれだけしっかり加速するのか?」「それだけスムーズに曲がるのか?」といった部分にばかり意識がいってしまいますが、「小回りが利いて機動性が高い」というのも立派な走行性能の一つですよね。

むしろ狭い道が多いエリアや女性ドライバーにとっては、こちらの方が重要だという方も少なくないでしょう。キャストの走行性能はそういった使いやすさといった部分に重点が置かれていますね。

キャストの走行性能が気になる方は、ぜひ実際に試乗してみてチェックをされてみてはいかがでしょうか?

キャストのエクステリア、ダイハツ渾身の「オシャレ」をご紹介

キャストについてはデビューが2015年9月という事もあって、まだあまりパッとイメージが湧かないという方もおられるかもしれませんが、逆に一度でも見てしまうと忘れられなくなってしまうくらい、明らかで分かりやすいコンセプトを持った軽自動車となっています。

同じダイハツのミラジーノを感じさせる雰囲気もありますがハッキリとした個性を持ち、「似ているけど全く違う」というメッセージがエクステリアからも感じられますね。コンセプトとしては「日本」というキーワードと「生活スタイル」というキーワード、この二つがコンセプトの柱となっています。

エクステリアから感じ取れるキャストの雰囲気はまさにそんな「日本で自分らしく楽しく生きる生活スタイルの中に柔らかくハマる」といったようになっていますね。そんなキャストのエクステリア、まずはスタイリングから見ていきましょう。

キャストのエクステリア、街が似合うスタイリングをチェック

キャストには3つのスタイリングが用意されています。まずはシンプルはキャストスタイル。こちらのは軽トールワゴンんと呼ばれる最近の人気モデルにあわせたスタイルとなっています。

しかし軽トールワゴンと言ってもファミリー向けのタントといった車と違って、より丸みがあるコンパクトなスタイリングとなって全体的な雰囲気が少しレトロ調になっています。

もう一つのスタイリングはキャストアクティバ。こちらは軽クロスオーバーSUVを意識したスタイリングとなっていて、ダイハツとしてはテリオスキッド以来の軽クロスオーバーSUV系となります。3つめのスタイリングはキャストスポーツ。

こちらも同社ダイハツで言えばソニカ以来の軽スポーツ系ということになりますね。キャストのスタイリングについては以上のスタイル、アクティバ、スポーツという3つのスタイリングが設定されています。

キャストのエクステリア、カラーリングもチェックしよう

街に馴染む、生活スタイルに馴染むという事をコンセプトにしたキャストはやはりカラーバリエーションも豊富にセッティングされています。

選べる色はシンプルとツートーンをあわせて15種類。オンラインシミュレーターも用意されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

キャストのエクステリアのカラーバリエーションまとめ

それではキャストのエクステリア、選べるカラーバリエーションをまとめておきましょう。

シンプル

  • パールホワイトⅢ
  • ブラックマイカメタリック
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • プラムブラウンクリスタルマイカ
  • ライトローズマイカメタリック
  • ディープブルークリスタルマイカ
  • ブライトシルバーメタリック

続いてはツートーンをご紹介。こちらはオプションとなっていますが、どれもオシャレな組み合わせとなっていて、見ているだけでもワクワクしますね。

特にここ数年でデビューしたクルマはツートーンが当たり前となってきていますが、キャストはルーフカラーの選択肢として、ホワイトやブラックといった無彩色以外もセレクトできるようになっています。ぜひチェックしてみていただければと思います。表記の順番は「ボディ×ルーフ」となっています。

  • パールホワイトⅢ×ワインレッド
  • ブラックマイカメタリック×ホワイト
  • ブラックマイカメタリック×ワインレッド
  • ファイアークォーツレッドメタリック×ホワイト
  • ファイアークォーツレッドメタリック×シルバー
  • プラムブラウンクリスタルマイカ×ホワイト
  • ディープブルークリスタルマイカ×ホワイト
  • シャイニングレッド×ホワイト

キャストのエクステリア、親しみやすくも洗練された顔をチェック

クルマを選ぶ上でけっこう重要なのが「顔」だったりしますよね。エクステリアは車の第一印象に大きな影響を与える大切な要素の一つですが、キャストのように丸目で少しレトロ調という雰囲気を感じさせる車は、やっぱり根強いファンがたくさんおられます。

最近の傾向として、ちょっと角が強めのフォルムで、シャキっとした顔つきの洗練されたスタイリッシュな顔が好まれる傾向がありますが、キャストのエクステリアのように優しい丸みがあり、レトロ調で親しみやすい顔というのはどこか安心感や落ち着きが感じられます。

もちろんレトロ調だからといって決して吹く臭いわけではありません。むしろ街中で走っている姿をパッと見た時、洗練された顔つきに「ん!?」と思わず目線が行ってしまう方もおられるのではないでしょうか。

しっかりと磨き上げられたキャストの顔は、そんな優しく親しみやすく、なおかつ洗練された「新しいスタイリッシュさ」という雰囲気を感じさせる仕上がりになっています。

まとめ

キャストのエクステリアをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?2015年9月のデビューということで、まだ本当に少ししか時間が経っていないキャスト。

真の評価が得られるのはこれからかもしれませんが、その洗練されたオシャレなエクステリアを眺めていると、コンセプトの明確さや仕上がりのバランスの良さを感じざるを得ません。きっとこれからオーナーさんからの高い評価をどんどんと得ていくでしょう。

キャストのエクステリアが気になる方は、ぜひ一度お店でチェックしてみてはいかがでしょうか?

キャストのインテリア、驚くべき新しいコンセプトとは?

キャストのインテリア、そのコンセプトを一言で表現するなら「美しい」ということです。なんがかナルシズムを感じてしまうかもしれませんが、よくよく考えてみた時これほど分かりやすくて明確なコンセプトというのもなかなかありませよね。

しかも軽に強いダイハツが、キャストのインテリアについて「美しさ」をテーマにしているのですから、それが単なるナルシズムでない事は言うまでもありません。

自然と溢れ出る美しさ。それは調和の採れた機能性、フォルム、セッティングといった、高次元でバランスが取られた時にだけ放たれる優しい光といっても良いでしょう。美しさというのはそういった機能美とアートの両立でもあります。

ただ単に色がキレイといっただけや、使いやすいいった一つの要素だけでは「美しさ」というのはなかなか感じられません。つまりキャストのインテリアは、それほど高い次元で均衡が取られた、非常に完成度の高い仕上がりになっているということになります。

そんなキャストのインテリア、まずは具体的な室内空間のデータからチェックしてみましょう。

キャストのインテリア、まずはデータを見てみよう

キャストは見た目が丸い感じになっていて、とてもコンパクトな軽自動車に見えますが、ジャンルとしては軽トールワゴンに分類されています。

軽トールワゴンというのは同じダイハツで言えばタントもそうですしムーブもそうです。他社ではn-boxやスペーシアといった軽自動車があげられますが、まさかそれと同じだけの広さがあるというのをキャストの外観からは想像できませんよね。

もちろんタントなどの軽トールワゴンというのは、特に背が高い事を示す軽ハイトールワゴンという呼ばれ方もしています。それらの軽ハイトールワゴンと比べると天井がやや低いといった違いはありますが、数字だけを見ればメルセデスやBGMといった高級セダンに匹敵する広さを持っています。

室内長は2,005mmとなっていますので約2メートルですね。室内高は1,245mmとなっていて、室内幅は1,320mmに設計されています。

メルセデスベンツSクラスのS300hの室内長が1,910mmで室内高が1,170mmであることを考えると、長さと高さは高級セダンよりも広いという事になりますね。もちろんこれは単純比較できるものではありませんが、要は外観ではとてもコンパクトで可愛くまとまっているキャストなのに、それだけの広い室内空間を持っている、という事なんです。

キャストのインテリア、運転席とインパネもチェック

キャストのインテリアのコンセプトは美しさであるとご紹介をしましたが、車のように機能も一つの美しさの要素となった時、結果的には必要なものを必要な場所に配置してよけいなものを取り除いていくという流れが生まれてシンプルになっていきます。

シンプルというのは、最初からただ単にシンプルにしようとしてしまうと「手抜き感」を感じてしまいますよね。本当のシンプルさというのは、しっかりと考え、アイデアを盛り込み、どんどんと付け加え、付け加え…ということを繰り返したのち、いらない物を削りながら厳選し、苦労した果てに生まれるものです。

キャストの運転席やインパネをチェックしていると、そういった「一周回ってシンプルへ帰ってきた」という洗練された美しさを感じずにはいられません。

余計なものは一切すべて省かれているけれど、スカスカといった感じがなく、当たり前のものが当たり前のように配置されていて、むしろシンプルなのに充実感を感じる。そんな運転席、インパネ周りとなっていますね。

シンプルなインテリア、それはコンセプトが貫かれている証拠

やはりシンプルなインテリアというのは、「美しさ」というコンセプトが活かされているからこそだと感じます。高級車というのは一言に言ってもいろいろな違いがありますよね。

とにかく機能満載であったり、豪華絢爛であることは高級車の特徴の一つです。しかし「余計なものが一切なく、完全に洗練されたアイデアの中で生まれたもので仕上がっている」という洗練されたシンプルさというのも高級車の一つです。

キャストのインテリアは、軽トールワゴンという手の届きやすい価格のクルマでありながら、そういった高級車のインテリアに通じるシンプルさや美しさがありますね。

キャストのインテリア、基本的な便利グッズと装備は外していない

キャストのインテリアをチェックしていると、その美しさやシンプルさに目が惹かれますが、やはり軽トールワゴンですので、積載容量や収納系が気になる方も多いのではないかと思います。

公式サイトをご覧いただければ一目瞭然ではありますが、 キャストのインテリアについての便利グッズや積載容量、収納系は「基本を押さえる」ということがしっかりと貫かれています。不便を感じる事はまずないと言えるでしょう。

まとめ

キャストのインテリアをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?美しさという明確なコンセプトが貫かれているインテリアですが、決して近寄りがたい雰囲気ではありません。

シンプルに洗練された美しいインテリアはむしろ、親しみやすく使いやすさを実感できるかと思います。 キャストのインテリアが気になる方は、ぜひ実際にお店に足を運び、手で触れて、目で見てご確認をいただければなと思います。